無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

店長の意味深な言葉の意味
仕事を終えた後は帰って、昔の、

自分の写真や両親の写真や

自分と両親が一緒に撮った写真がたくさん

入っている家族アルバムを見た。





(懐かしいな~)





そこには、

霧河が生まれたばかりの頃の写真から両親と過ごした最後の

クリスマスの時の写真まで飾ってある。





そこで、写真越しに、

運動会の頃に履いていたシューズやクリスマスの時に両親と

被ったサンタ帽やケーキを見て思った。





「そうだ。コレらは、

ほとんどが安物だった。でも、俺にとっては、どれもこれも、

父さんと母さんが俺のために買ってくれた、凄く大切なモノだったんだ」





そう、霧河の家庭はとても貧しく、

あまり高いモノは買ってもらえた事が少ない。

クリスマスケーキや誕生日ケーキだって安物で、しかも、

いつも、ロウソクがなかった。





そこで、霧河は以前、

「窓際族」の店長が言っていた言葉を思い出した。





「酒に比べて値段が圧倒的に安いコーンスープを酒と同じ感覚で飲めるという事はそれが酒と同じくらいの値打ちがあるっていうのはこういう事なのか!」と言った。





そして、

昨日、マフラーを渡した女の子の事も思い出し・・・





(そうだ。そういえば、愛ちゃんも同じように、ボロボロのマフラーを〝おばあちゃんからもらった大切なモノだから手離さない〟

って言って、凄く大切にしてたな。そうだ。品物の本当の意味での価値っていうのは、値段で決まるモンじゃないんだ。

どれくらいそのモノに強い思いが込められているか。そして、

それがどれくらい、使う人にとって手離したくないほど

何度でも使いたいモノかどうかで決まるんだ。だからあの言葉は、本当に、とても深い言葉だったんだ・・・

簡単な事だけど、なかなか気がつかないんだ)





だが、だからこそ、小学6年生の頃、

アコースティックギターを買ってもらえた時、いつもの何倍も

嬉しかったのだ。アレは、

父と母が霧河のためにとても頑張って

無理をして買ってくれたモノだ。だからこそ、

霧河は、

「一生コレを手離さない」と決めたのだ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

COLK
COLK
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る