無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

男の子との会話
そして、男の子と話す。





「兄ちゃん、どうやって入ってきたの?」





霧河は、金属の棒を取り出し、

「あ~、コレ使って」と言う。

「ふ~ん」





「でも、絶対、真似しちゃダメだよ!!!それと、俺の事も、

たとえ親だろうと、他の人には言っちゃいけないよ!!!」

「は~い」

「ありがとう!!!」





「この部屋を見ても分かるけど、君は戦隊ヒーローやアニメが

凄く好きなんだね!!」

「うん!!」

「やっぱりね!!そうだよね~!!」

「でも、兄ちゃんさ、一体何者なの?」

「俺?俺はね、〝サンタクロースパイ〟さ!!」

「ロース・・・パイ・・・何か美味そうな響き!!」

またさっきと同じ事を言われた。しかし、

二度目はズッコケはしても、驚いたりはしない。





「そ、そうかな?(笑)でも、俺の事は、

絶対、たたえお父さんとお母さんには言っちゃダメだよ!!!」

「うん!!!」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

COLK
COLK
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る