無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

今年も、無事、活動終了?
また時間を遡り、霧河が27軒目に入った家での出来事。





〝ガチャ〟





侵入は、言うまでもなく、いつも通り、何ともなく上手くいった。だが、問題はその先だ。

その家では、プレゼントを渡す相手は親と一緒に寝ていて、ヘマして一人でも起こしてしまうと、それが命取りになってしまう。

なので、失敗は絶対に許されない。唾を呑むほど緊張しながら、

霧河は、「マグカップが欲しい」と言っていた女の子の枕元に、

そっとマグカップを置いた。

その後も何ともなく、

(良し!上手くいった!!)と思った。





その後、家を出て、いつも通り、入る時と同じやり方で、

外からドアのカギをかける。





(フ~ッ!!緊張した!!!)と大きくため息をつく。で、また、引き続き、

色々な家の子供達にプレゼントを渡した。





ついに、最後の30軒目。その家は防犯セキュリティが堅く、入る事は難しかった。





霧河は、ドアの前にプレゼントをラッピングした箱ごと置く。





「フッ、こんな事もあろうかと、〝これは

サンタクロースからの贈り物だ〟って書いた手紙をたくさん

用意してるんだよ」と言いながら笑う。





しかし、

それは手書きだと、字の形や筆圧などで自分だと特定されてしまう可能性があるので、パソコンで書いている。もちろん、

それも手袋をした状態でしか触れた事がないので、

指紋も一切付けていない。





帰る最中、警察に見つかりそうになるが、

とっさに、慌てて、たまたまそこにあった畑に慌てて入って

横になり、何とかやり過ごした。警察は、

「ん?何か今、物音が聞こえた気がしたけど、気のせいか。何ともなかったみたいだな~」と言った。





霧河は、

「フ~ッ!危ねぇ!!危ねぇ!!まさか、ここでまたため息を

つく事になるとは思ってなかった~!!それにちょっと、

チビッちまった~」と言った。





「あ~あ~。服が土まみれになっちまった~。

それにちょっと、今、チビって、ズボンも

汚れちまったし。まぁ、もう、全ての家に

プレゼントを渡し終わったし、どうせこの服も、ほとんど黒だから良いんだけどさ」と、少しがっかりしながらもホッとし、

「しかし、毎年、どれだけ頑張っても、30軒ぐらいにしか

届けられないのが残念なんだよな~」と言いながら家に帰った。

そして、その日のいつもの起床時間まで、

わずか2時間ぐらいだが寝た。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

COLK
COLK
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る