無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

ついに、また、サンタクロースになる!!!
それで、たまにある平日の

仕事の休みの日には、数週間前のように、

学校のそばなどでも子供達のほしがっているモノを聞いたりした。





で、時間のある時に、

調査して、メモ帳に書いた、子供達の欲しがっているモノを少しずつ買い、そんな事を

繰り返し、時間は流れて、クリスマス・イヴが来た。





2010年12月24日(金)。





もちろん、会社でも、

「今日は子供に〇〇をあげるの」や

「家族と一緒にクリスマスケーキを食べたり

フライドチキンを食べたりしてクリスマスパーティをするんだ」などという声がたくさん

聞こえてきて、霧河は、

(良いな~!良いな~!賑わってるな~!

クリスマス最高!!♪)と思った。





そして、霧河は家に帰り、サンタクロースの衣装を着て、子供達が欲しがっているモノを袋に詰めて、ちょうど日付が12月25日(土)

(クリスマス)に変わった時、出かけた。





本来、サンタクロースというのは、赤い服を着て空飛ぶソリに乗って、それをトナカイに引っ張ってもらって移動するものだが、

彼は、全く違う。





地に足を踏みつけて移動する。自転車に乗って移動し、金属の棒を使ってサムターン回しなどの

ピッキングで扉を開ける事によって入り、

色んな家にプレゼントを届けている。





夜空の下や真っ暗な家の中でも目立たなくするため、黒い服を着て、黒い帽子を被り、

黒い手袋をつけている。





移動手段に自転車を使っているのは、

大きな音を立てないようにして、警察や周りの人達に出来るだけ

バレにくくするためで、手袋は、ドアや色んなモノに

指紋を付けないため。もちろん、自転車も真っ黒、

手袋も真っ黒。





子供達に渡すプレゼントももちろん、全て手袋をしている状態でしか触れた事がないので、

指紋は一切付けていない。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

COLK
COLK
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る