無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

魔法が使えなくてもサンタクロースになれる
やがて成長し、

高校生になった謎留は、冬のある日、かつての自分と同じように、サンタクロースを信じている子供達を見た。





「そうだよな~。良く

考えてみりゃ、魔法でも使えなきゃ、サンタクロースみたいに、どこかの誰かの家に入ってモノをあげるなんて出来ないよな~」と小声で言った。





しかし、数日経って、テレビのニュースで

「〝サムターン回し〟という手口で家の外から金属の棒を使ってカギをこじ開け家に侵入され、モノやお金が盗まれた」という事件があちこちで起こっていると知った。





謎留は、

(そうだ!大人になったら、このやり方で色んな家に入って色んな子供達にプレゼントを渡そう!そうすれば、自分が憧れのサンタクロースになれる!!)と思った。それと、

家のドアというのは、〝サムターン回し〟で開けられるモノばかりではないので、色々なピッキングのやり方も学んだ。





しかし、

何ともまぁ、狂った発想だった。いくら他人にモノを渡そうが、〝サムターン回し〟やピッキングは犯罪だ。だが、この時、

謎留は、そうやってたくさんの子供達に

プレゼントを渡せば、

両親が死んだ時にポッカリと開いてしまった、大きな心の穴を

埋められる気がしたのだ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

COLK
COLK
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る