無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

231
2021/09/21

第5話

シンジツ



警察は事故じゃないかって言ってるけど私はそうは考えない






だっていつもモブくんが帰ってる道だし滑って転ぶはずがない




しかも事件の前ずっとなにかに見張られてるようだとか怖いとか言ってたし、





やっぱり裏があるよ。



















でもその裏を知ろうとしたから私はこんな目にあっちゃったんだね。

















モブくんのためにも本当の事知らなきゃ。







でもまずはここから抜け出さないと









でもどうやって?





︎︎
……っあの!
江口拓也
んー?どーした?
︎︎
私トイレに行きたいです!
江口拓也
そっか。じゃあ手錠はずすねー
︎︎
(このまま行けば……)
江口拓也
あ、でも逃げられたら困るからー、長い手錠は俺と繋げとくね?
︎︎
え?


ガシャン



江口拓也
はい。これでおっけい。トイレこっちだよー
︎︎
……
江口拓也
どうしたの?
︎︎
いえ……なんでもないです
江口拓也
そっか。



























江口拓也
じゃあまた何かあったら言ってねー
︎︎
はい……




あなたside


結構何も出来なかった。


どうしよう。


私は逃げないアピールして向こうと仲良くなる


そして手錠をといてもらって逃げる。


よし。この作戦で行こう