無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3
グク 










ヒョン達に言えなかった…







実は、俺、












反日じゃ無い









だから、あなたにあんな態度をとっていつも、申し訳無い


謝りたい…





でもさ、








ヒョン達が…








俺は、やっぱり弱いんだな、



グク
グク
はぁ( ´Д`)=3
you
you
あ、あの!
グク
グク
you
you
あんまり、ため息すると幸せ逃げちゃいますよ?
グク
グク
、、、、あんたってバカなの?
you
you
へ?
グク
グク
いっつも俺悪口言ってんのに…
you
you
そんなの関係ないです!!私は、皆に幸せであっていて欲しいから…



私のわがままですけどね………☺️
グク
グク
……………
やっぱり、良い奴
you
you
変な事、言ってごめんなさいm(_ _;)m

で、では!
グク
グク
あっ!おい‼








あなたの少し切なそうな顔……頭から離れ無い………







しかも、さっきから心臓がうるさい







なんだ?








この気持ちは…………?






















----------------------------------------------
作者
作者
お待たせしました。
少し、作品の案が浮かばなくてプリ小説自体から離れていました。
その間に、お気に入り登録してくださってた方。
ハートをくれた方。
ありがとうございました。
今日から、投稿していきます。