無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

30
YGside







この気持ちは隠し続けなきゃいけないのか?







俺は、嬉しい反面絶望を味わった







この気持ちをあなたに伝えたら、兄妹という名の関係は崩れてしまうのか







またしては、嫌われてしまうのか







そう考えたら涙が止まらなかった







恋なんてしなきゃよかった







こんなに自分が辛くなるくらいなら







あぁ憎いくらいに月が綺麗だ







いつかの人物がこう、言った







月が綺麗ですね







と、

















皆さん、お久しぶりです。
作者です。
いや…本当にごめんなさい🙇
読者様にコメントして頂くくらいこの作品は愛されているんだなぁと今日、改めて実感しました。
まきさん!コメントありがとうございます!
今日から再開していきます。
今、新作も制作中なので引き続きお願いします!
では、また明日!
あんにょ〜ん!