無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

57
2019/08/13

第4話

🍎 4 🍎
才田 花寧(さいだ はなね)
才田 花寧(さいだ はなね)
あと1人!
どーする?
坂上 笑琉(さかがみ える)
坂上 笑琉(さかがみ える)
花寧…!
先輩……だめかな?
わたしたちは、視線を先輩のほうに向けた。

先輩はただでさえ、わたしたちより1つ年上で、そのうえありもしない噂をされてて…。
わたしたちのクラスは仲がいい。
けれど、先輩だけはいつもひとりぼっち。

今も、興味なさそうに…いや、なにかを諦めたように机に肘をついて、窓の外を眺めている。
坂上 礼哉(さかがみ あや)
坂上 礼哉(さかがみ あや)
・・・・。
才田 花寧(さいだ はなね)
才田 花寧(さいだ はなね)
え。全然いいよ!
坂上 笑琉(さかがみ える)
坂上 笑琉(さかがみ える)
ほんと?!
この前、気をつけてねとか言ってたじゃん…。
我妻 真斗(あがつま まなと)
我妻 真斗(あがつま まなと)
あー実は。
俺たち見ちゃったんだよねー!
才田 花寧(さいだ はなね)
才田 花寧(さいだ はなね)
ねー!
花寧と我妻は、得意げにわたしの方をみてきた。
いったい、なにを見たんだ……?