無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

21
気づくとそこは壱馬くんの部屋らしき所だった
かずま
かずま
あ、あなた起きた?
you
you
はい。
かずま
かずま
あなた急に気絶しちゃったからびっくりしたよー
you
you
すみません。
かずま
かずま
んー
かずま
かずま
まああなたが可愛かったから許してあげる💗
かずま
かずま
なんかテレビ見よっか
you
you
はい
テレビの電源を付けるとニュース番組が流れた
すると丁度、


私が誘拐されているという記事が出ていた
かずま
かずま
わ、あなたニュース出てるじゃん
you
you
ですね。
かずま
かずま
有名人の仲間入りだね。
you
you
それはちょっと違うと思います笑笑
かずま
かずま
あ、笑った
you
you
え?
かずま
かずま
あ、いや、あなたが笑ったところ初めて見た気がして、
え?私ってそんな笑ってなかったっけ?
まあいーや
てかなんで壱馬くんは私なんか誘拐したんだろ
↑ 今頃?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

SHIORI 🌷🐝🌷
SHIORI 🌷🐝🌷
ファンマ→🌷🐝🌷 最近ファンマ付けてくれてる人多くて嬉しい🥰. 🐢更新. 人気になりたい.
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る