無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

日常①
夏油side
あなた
ねーねー五条、硝子。
硝子
硝子
なーにー?
悟
んだよ
あなた
甘いもの食べに行こ。
悟
...奢り?(圧)
あなた
...うん。
悟
行こうぜ。
硝子
硝子
私も?
あなた
喜んで!
あなた
夏油も行くよね??
傑
え、あー、うん。
傑
悟が賛成ならいいんじゃないかな。
絶賛後悔中だ。
あなたの下の名前が任務中に気になる人がいるのかと聞いてくるからだ...
傑
...(モヤモヤする)
悟
傑、なんちゅう顔してんの‪w‪w
悟
ぶっさ‪w‪w‪w‪w
傑
...悟は私に喧嘩を言っているのか?
あなた
お、落ち着いてぇ...
あなた
とりま今日新宿集合!新しいカフェに参る!
硝子
硝子
りょーかい。
________