第6話

✤𝟞. 終焉への序曲
4,316
2019/12/15 04:09
女子生徒
哀原(あいはら)先輩!
放課後、生徒会室へと向かおうとする鞠衣(まりい)を、数人の女子生徒たちが呼び止めた。

鞠衣が振り返ると、彼女たちは皆一様に緊張した面持ちで、意を決して声をかけてきたのだと察せられる。
鞠衣
鞠衣
なにかしら?
女子生徒
あ、あの……
代表者らしき生徒が進み出る。
女子生徒
トーマさまとノアさまは……
もう登校されないのですか?
鞠衣
鞠衣
……
思いがけない質問だった。

トーマとノアは、この二週間登校していないのだ。
それどころか――……


鞠衣は少し逡巡(しゅんじゅん)したのち、当たり障りのない返答をする。
鞠衣
鞠衣
彼ら、気まぐれなのよ。
あなたたちが心配していたこと、
ふたりに伝えておくわね
女子生徒
……、はい
女子生徒たちは不満そうだったが、しぶしぶお辞儀をして去って行った。

その背中を見送って、鞠衣はわずかにため息をつく。
鞠衣
鞠衣
(……わたしだって、
わからないのに……)
トーマとノアは以前、主が死んだから彼の力を受け継ぎ、自分たちの力が増したと教えてくれた。

すべての弱点を克服した、完璧な吸血鬼になったのだと。もう、陽の光を恐れなくても済むのだと。


それなのに、二週間前から彼らはまた、昼間に外に出なくなってしまった。

理由を問うても、なにも教えてくれない。


さらに。
鞠衣
鞠衣
(……どうして、わたしを
拒むのですか?)
彼らは登校しなくなっただけではなく、鞠衣から吸血することもなくなっていたのだった。



   ・ ‥… † ††† † ††† † …‥ ・



帰宅した鞠衣が自分の部屋に向かっていると、月菜(るみな)の部屋のほうから物音がした。

不審に思い部屋へ足を向けると、トーマとノアがドアを開けて出てくるところだった。
鞠衣
鞠衣
兄さま!?
鞠衣は驚愕して声をあげた。

力なくだらりと腕を降ろしたトーマが、ノアに背負われている。
そのノアもドアを閉めるなり、その場で背負ったトーマごとへたり込んでしまった。
ノア
ノア
なんでもな……少し休めば治る……
鞠衣
鞠衣
早くわたしの血を飲んでください!
今の状況と、彼らが絶食していることは、きっと無関係ではあり得ない。

鞠衣はしゃがみ込み、ノアの手を取ろうとした。
だけどノアは。
ノア
ノア
いい
ノアは強くではないものの、手の甲で鞠衣の手を撥(は)ね除(の)けた。
鞠衣
鞠衣
ですが……!
トーマ
トーマ
いいっつってんだろ!!
気を失っているかと思われたトーマが顔を上げ、ぎらりとした瞳で鞠衣に凄んだ。

その額から、大粒の汗が流れ落ちる。
鞠衣
鞠衣
……っ
トーマの必死の形相に、鞠衣はびくりとして手を引っ込める。
そんな鞠衣にノアがすまなそうに微笑み、謝った。
ノア
ノア
ごめんね、姫
そのノアも眉根を歪め、荒い息をついている。
けれども彼は、両脚に力を込め、ふたたび立ち上がった。

そして、担いだトーマを引きずるようにして、自分たちの部屋へと引き上げてゆく。


鞠衣は、ただ……、
鞠衣
鞠衣
――
ただ、そんな二人の後ろ姿を見つめていることしか、できなかった。

プリ小説オーディオドラマ