無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,320
2021/10/31

第10話

俺ほんとは…

次の日の数学の授業_







何この問題?





意味わからへん…笑






数字見てると頭おかしなりそう笑笑





マジで数字滅べばええのに…






隣の道枝は〜…





は?!こいつ出来てるやん…

長尾謙杜
長尾謙杜
あ〜もう分かんな…
道枝駿佑
道枝駿佑
分からんの?
長尾謙杜
長尾謙杜
は?!ちゃうしな!
道枝駿佑
道枝駿佑
出来てないやん笑
長尾謙杜
長尾謙杜
…こんなん分かるかよ
道枝駿佑
道枝駿佑
教えたるから笑
長尾謙杜
長尾謙杜
ええって
道枝駿佑
道枝駿佑
はいはい笑
道枝駿佑
道枝駿佑
えーとここは、
長尾謙杜
長尾謙杜
ッ//
何で照れてるんだよ//



か、かっこいいなんて思って…





やっぱりどこか認めたくない自分がいる。










部活_







文化祭のダンスもいい感じに出来てきて、





今日は2人でやる振りを合わせてみるらしい。





正直恥ずかしい…//






2人でやる振りは距離が近いのが多い。





めっちゃ緊張する…笑




道枝駿佑
道枝駿佑
合わせるけど振り大丈夫?
長尾謙杜
長尾謙杜
まぁ大丈夫だけど…
道枝駿佑
道枝駿佑
じゃあ行けるね!
長尾謙杜
長尾謙杜
え、ちょっ
道枝駿佑
道枝駿佑
はい、やるよ〜
最初の振りは順調そうだけど、




問題はここの振り…





俺が道枝の胸元のシャツを掴んで


距離をグッと縮める。


その後道枝が俺に顎クイをするっと言う振りだ。




なんでこんな振りあるんだよ…
長尾謙杜
長尾謙杜
やるよ?
道枝駿佑
道枝駿佑
うん
道枝に顎クイされた瞬間、俺は今までに無いくらい心臓が激しく鼓動した。





なんでこんなやつにときめいてんだ…//




自分にも分からなかった。



本来顎クイしたら俺が手を振り払う事になっている。




でも俺は時が止まったように
見つめたまま動けなかった…
道枝駿佑
道枝駿佑
謙社くん?
道枝駿佑
道枝駿佑
謙社くん!
長尾謙杜
長尾謙杜
…は!な、何?!
道枝駿佑
道枝駿佑
どうしたん?ぼーっとしてたけど
長尾謙杜
長尾謙杜
いや、その、なんも無い…//
道枝駿佑
道枝駿佑
顔真っ赤笑
長尾謙杜
長尾謙杜
は?!ちげーし!
道枝駿佑
道枝駿佑
なんか今日の謙社くんおかしい笑
長尾謙杜
長尾謙杜
おかしくねーよ!💢
道枝駿佑
道枝駿佑
笑笑

さっきは大人っぽい顔で見てきたくせに、



今は無邪気に笑ってて、


そんな表情をコロコロ変える道枝は、




すごく魅力的に感じてしまった、、





もしかして俺ほんまは道枝が好きなんちゃう?




分かったようで、分からなかった。
長尾謙杜
長尾謙杜
…ちょっと休んでくるわ
道枝駿佑
道枝駿佑
うん、分かった〜

…………
長尾謙杜
長尾謙杜
はぁ…
高橋恭平
高橋恭平
……


















next…