プリ小説

第19話

19
じじいとホテルへ行き、

1時間、体を重ねる。





部屋暗くして顔さえ分からなければ

大丈夫。






深夜3時。

じじいからタクシー代も出してもらい、

マンションへ帰る。







玄関へ入ると、

革靴がずらーっと置いてあった。



あの、ホストとかが履いてそうな

高級の黒い靴ね。






リビングへ行くと、

そこには、ユンギさんのもとで

働いている6人と、ユンギさんが

テーブルを囲むように、皆胡座をかき、

お酒を飲んで、談笑していた。








テヒョン
テヒョン
あ!あなたちゃん!
こんばんは!!

元気だな。


ジミン
ジミン
あなたちゃんも飲む??
私
いや、大丈夫です。
ジン
ジン
まぁまぁそう言わずに!
オッパの隣おいで!!

ジンさんは、自分の隣を

トントンとたたき、こっちにおいでって。



いやあのね、まぁジンさんの隣は

全然いいんだけど、

私がジンさんの隣に座ると、その隣が...

ユンギ
ユンギ
お前も飲めよメスブタ
この人なんです。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Nagisa💫
Nagisa💫
グクテテペン🐰️🦁 5月12日START✨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る