無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

761
2021/07/22

第5話

#3
ーーーー学校ーーーー
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
じゃあ一虎行こッ
一虎「OK」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
1年?
一虎「2年」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
ふーん……
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
あ、女の子
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
ねぇ
一虎「2年の"花垣”って何組?」
MOB「え?」
MOB「3組です……」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
ありがと
MOB「うちの学校にあんな美男美女いた?」
MOB「上履きの色3年生だよね?」
???「元 愛美愛主をまとめたのがNo.2の半間」
???「その他の反東卍勢力をまとめたのがNo.3の羽宮一虎とNo.1の流璃あなただ」
ガラッ
???「!?」
一虎「あれ?」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
あれ?
一虎「もしかしてもー学校終わってる?」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
終わってんじゃない?
???「なんだテメー?見ねぇカオだな」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
いきなりタメ口って
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
一応同中オナチューの先輩なんだけど
???「は?誰だよ見た事ねぇし」
???「首に虎のタトゥー!!そして赤い大きなリボン!!」
???「首にタトゥー?あ!そしてあなたは!」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
誰だっけ?
???「やめろマコト!」
マコト「あ?なんだよ山岸」
一虎「ねぇ……花垣タケミチって知ってる?」
山岸「タ、タ、タ、タケミチ!出た!」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
タケミチ?どいつ?
武道「は?」
山岸「この人が芭流覇羅のNo.3!!羽宮一虎とNo.1!!流璃あなただ!」
一虎「わ〜!嬉しい〜!お前タケミチだろ?
一虎「同中の一個下に東卍の奴がいるなんて!」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
わたしは嫌だなぁ
一虎「まぁ……よし!タケミチ!!」
武道「え?」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
芭流覇羅のアジト行くよ
武道「へ!?芭流覇羅!?」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
タケミチいたよ
武道「ん?」
MOB(?)「そいつっすか?」
一虎「おう」
武道「どちら様ですか?」
一虎「ん?俺達の一番信頼してる後輩」
武道「へ、へー……なんかあったんすか?2人とも松葉杖って…
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
ん?昨日私達が折った
武道「え?一番信頼してる人なんすよね???」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
うん
一虎「うん」
MOB(?)「一虎くん達に文句ある?」
武道「(なんでこの人たち足折られて平然としてられんだ……)」
武道「(なんにせよこの人達……絶対ヤバい!)」
武道「(しかも芭流覇羅のアジトって敵のど真ん中!?絶体絶命のピンチやん!!)」
一虎「緊張すんなって!!みんなに合わしてやっから」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
あの集まり後入った場地もね
武道「!」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
早くしてよタケミチクン
ーーーーしばらく歩いたあとーーーー
武道「あの……羽宮くんと流璃さん……?」
一虎「ん?一虎でいいよ」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
一虎がいいなら私もあなたでいいよ
武道「一虎くんとあなたさん」
武道「2人ってウチの3年生なんですよね?」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
そうだけど?
武道「2人みたいな有名人がウチの学校にいたらもっと騒がれると思うんすけど」
一虎「俺達……1年の一学期しか学校行ってねーから」
武道「へ?」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
私達少年院にいたから
武道「え!?少年院って捕まってたンスか!?」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
"あいつ”のせいでね
武道「あいつ?」
一虎「ほら!もうすぐそこ」
ーーーーゲーセン前ーーーー
武道「え?ここっすか?」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
うん
武道「ゲーセン?」
一虎「もうとっくに潰れてるけど」
武道「首のない天使……」
流璃 (なまえ)(るり)
流璃 あなた(るり)
入るよ
武道「はい!」
ーーーー中ーーーー
ゴッゴッゴッゴッ
--------キリトリ線--------
嫌だァァァ!書きたくねぇ……
じゃあバイバイ