無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第6話

第五話
319
2021/12/13 21:23
イザベラ(ママ)
イザベラ(ママ)
○○
○○
○○
あ、ママ。
もう少しここに居ていい?
イザベラ(ママ)
イザベラ(ママ)
でもね、
○○
○○
レイが起きなきゃ、私立てないから
イザベラ(ママ)
イザベラ(ママ)
……分かったわ。でもちゃんと掛けてるのよ?
○○
○○
うん。
イザベラ(ママ)
イザベラ(ママ)
はい。これ○○とレイの。
○○
○○
ありがとう。
イザベラ(ママ)
イザベラ(ママ)
ご飯には、来てね。
○○
○○
はーい
                       トコトコトコ👢
レイ
レイ
ん、
○○
○○
……無理しないでね。
○○
○○
スゥ
ねぇ、ねぇ話をしてよ
夢の中 触れたまま
make me want to cry
有り触れた幸せの意味なんて
分かんないままだ

朧げな夜に一滴の血を流す
理由わけもなく餓える私
明日になれば全部 泡沫にチェンジ
おやすみを唱えた

都合いい プロット 書きなぐって
バスタブ モルヒネを1000cc
蝶に謳う絵空事
「後で会おう」なんて馬鹿みたい

ねぇ、ねぇ話をしてよ
夢の中 触れたまま
make me want to cry
有り触れた幸せの意味など
思い出せない
〜🎶〜〜〜🎶〜〜〜🎶
         (「真生活」より)
レイ
レイ
ん、んっ
レイ
レイ
○、○?
○○
○○
ん?( *´꒳`*)
レイ、おはよう
レイ
レイ
あれ、俺
○○
○○
睡眠不足ですぐ寝たからね、
レイ
レイ
え、は?!?!
○○
○○
夜ご飯はもう少ししたらじゃない?
行く?
レイ
レイ
行くに決まってんだろ。
○○
○○
じゃ、行こっか!
○○
○○
クシュンッ:(・-・`):
レイ
レイ
ハァ、なんでタオルケット自分に掛けねぇの?
○○
○○
いや、レイが風邪ひかないようにしてたから(*´罒`*)
レイ
レイ
ッ〜〜/////
レイ
レイ
ハァァッ
ほら、掛けとけ
○○
○○
あ、ちょ、でもレイが!
レイ
レイ
いいから、
○○
○○
フワッ
暖か、
レイ
レイ
ほら、行くぞ。
○○
○○
‼️
...うん!(このままの自分でいたいや、)