無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

156
2021/06/06

第3話

過去2
高校生の頃
バシャーン!
山川純連
山川純連
モブ
モブ
クスクス
ボコッ
山川純連
山川純連
痛っ
モブ
モブ
フッ
机「死ね」「消えろ」「うざい」
 「バカ」「笑」
山川純連
山川純連
ある日
山川純連
山川純連
何これ
好奇心で動画に手を伸ばした
ポチッ
〜♪〜〜♪〜〜♫
山川純連
山川純連
山川純連
山川純連
(すごい)











山川純連
山川純連
(終わってしまった)
山川純連
山川純連
(誰が歌っているのかな?)
山川純連
山川純連
(もっとこの人の歌を聞いてみたい)
命に嫌われている  まふまふ
山川純連
山川純連
(まふまふさんって言うんだ)
山川純連
山川純連
(私もまふまふさんみたいになりたいな)
ーーーーーーーーーーーー
ろいろ
どうもろいろでーす!
ろいろ
今回はすみれちゃんが歌い手をやることを決めたお話でした。
ろいろ
ちなみにすみれちゃんはある歌い手を推しています。
ろいろ
それは誰かって?
ろいろ
もちろんまふまふさんですよ!
ろいろ
まぁそれは僕がまふまふさんを推してるからなんだけどね
ろいろ
あとなんで命に嫌われているかかって?
ろいろ
それは僕が結構好きだからかな!
ろいろ
じゃぁバイバーイ!