無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

さようなら。
私は、また、具合が悪くなり、病院にお世話になった。
作者。
あ、えーとあの、2週間の入院は終わってる設定で…
はぁまた、か。って自分でも嫌になった。
ジョンハン
ジョンハン
○○?
あなた
あなた
あ、ジョンハン!
ジョンハンの前だけでも明るく。明るく、
ジョンハン
ジョンハン
ねぇなんか無理してない?
あーバレたか。笑ジョンハンはなんでもお見通し。
あなた
あなた
うん。もう私、なんか、嫌になっちゃった。
ジョンハン
ジョンハン
○○…。俺がちゃんとそばに居るから。
お願い。自分を嫌にならないで。
私はジョンハンに、気を使わせてしまってるような気がして。もっとやになった。
ジョンハン
ジョンハン
ねぇ○○泣かないで。
あー私泣いてたんだ笑結局私は人を困らせるお荷物みたい。
ジョンハン
ジョンハン
俺は、○○が、邪魔とか思ってないよ?ねぇ1人で抱え込みすぎ。どうせ今思ってることも、○○の事だから、そんなことでしょ?笑
あなた
あなた
あ、うん。ごめんね。
ジョンハン
ジョンハン
なんで謝るの?俺は、○○と、一緒にいれるだけで、幸せだよ。
あなた
あなた
うん。私も今幸せ。
NEXT。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

유_Carat
유_Carat
ユジョンヨン사랑해요♡ 오빠사랑해요♡ 小説読んで。伸びないと強制終了させちゃうぞ!‪๛ก(ー̀ωー́ก)‬
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る