無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第9話

昔の思い出3
まあ、なんともなく時間は過ぎていってようやく放課後
俺達は今この付近で1番でかいショッピングモールに来ている
うらたぬき
見事にバレンタインだなw
そらる
ま、非リアの俺達からしたら問題ないけどなw
うらさんとそらる先輩の言うとうりに辺り一面がバレンタインの季節を漂っている
まふまふ
ねぇねぇさかたん(コソ
坂田
どうした?まふ(コソ
まふまふ
うらた先輩にチョコ渡すの?(コソ
坂田
もしかして…そらる先輩に渡す感じ?(コソ
そういえばまふから相談してくれた事があったなー…俺もうらさんの事好きなこと言ったらガチ泣きだったし
まふまふ
さかたんが渡すなら考えようかなって…(コソ
なるほど…要するに1人で渡すのは恥ずかしいのか
するといきなり
うらたぬき
おいおい後輩同士で何コソコソ話してんの?
そらる
そうだぞー
坂田
あ、すみません( ;´・ω・`)
まふまふ
すみません( ´・ω・`)
うらたぬき
ま、今日はめいいっぱい遊ぶぞ!
3人
おー!
という少し謎なテンションで始まった俺らのお出かけだった