無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

昔の思い出2
まだまだ冬休み気分の僕は今日もうらさんと一緒に登校するためにうらさんの家の前で待ってるけど
坂田
寒い!!!
完全防寒してるのにめっちゃ寒いんだけど…
うらたぬき
ごめん〜遅れたわ
坂田
うらさん!
めっちゃ寒かったんですよ!
でもうらさんが来てから少し暖かくなった気がした
うらたぬき
ごめんごめん
ってお前…そんなに防寒して寒いのかよww
よく見るとうらさんは手袋だけっぽい
そして僕は手袋、耳あて、マフラー、ネックオーマーetc
坂田
い、いいじゃないですか!
寒いのは寒いんですし
今日はうらさんとの約束に遊びに行く日それに…
まふまふ
おはよー坂田!うらたさん!
そらる
ふわぁ(眠…)
坂田
おはよー
うらたぬき
はよー
やってきたのはまふとそらる先輩だ
まふまふは相変わらず元気だがそらる先輩は目が眠いのか少したるんでる
まふまふ
やっと部活の休みが一緒になった!!
今から楽しみだなぁ…
そう、今日はうらさんだけじゃなくて4人で遊ぶ約束をしていた

ちなみにうらさんはみんな知ってるようにバスケ部で凄く忙しいし、まふは吹奏楽部でなかなか時間が合わない
うらたぬき
ヤバ…
おい、話すのもいいけどもうすぐで遅刻する!
3人
え…
そらる
い、急ぐぞ!!
そんなこんなで何とか遅刻は免れたのだった…