無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

鳥籠
僕は動物が好きで最近では外に出ると近くの小さなペットショップに行くのが日課だ
あ、そらるさんが好きとの意味は違いますからね!誤解しないでくださいよ!
ペットショップの中は客は少なくて引きこもりの僕でも居やすい場所だ

そんな中で僕がたどり着く場所は決まっており、鳥のコーナーだ
ピィピィと小さな声でインコが鳴いている
まふまふ
ピィ助〜今日も居たんだ
我ながらネーミングセンスのない名前だ
ピィ助はセキセイインコで青くて綺麗な目をしている
そらるさんみたいだなぁって初め見た時思った

にしてもいつも見て思う
こんな鳥籠の中は窮屈だろう
そして飼ってくれる人を待ち続ける
可哀想な人生だ好きな場所に飛べなくて好きなことが出来ないのだピィ助は
そして飼ってもらっても飼い主の思うがまま、ひどい話だ
いや…待てよ?
僕がそらるさんの飼い主になればそらるさんは僕の思うがまま
そうか、そらるさんを僕の家という名の鳥籠に閉じ込めばいいんだ
そうだ、簡単な事だ。なぜ気づかなかったのだろう

じゃあ実行する前にピィ助にお礼だ
まふまふ
ありがとうピィ助
お互い頑張ろうね!
そう言って僕はペットショップを出た
そらるside
どうもそらるです…
最近まふの視線が痛いというか…何かめっちゃ見られてる気がする

何か怖いから坂田の家でうらたと3人でマリカーやってる
そして今レースの真っ最中
坂田
よっしゃあ1位は俺のもぁぁぁあ!!バナナぁぁあ!!
うらたぬき
ばっかじゃねぇのwww
そらる
どんまいww
坂田はどうやら急カーブした時に俺の仕掛けたバナナでゴール直前だというのに罠に引っかかったww

結果
1位 うらたぬき
2位 そらる
3位 坂田
坂田
うわぁぁぁ!!
うらたぬき
ひーww
ほんとバカだわ〜w
あ、お菓子無くなってる
坂田
(´・д・`)え…
そらる
ほんとだ
買いに行くか
坂田
うん!
切り替え早w
ま、そんなこんなで3人でコンビニに行くことにした