小説更新時間: 2024/05/17 08:29

連載中

聖なる魔法の使い手

聖なる魔法の使い手
  • ファンタジー
  • 夢小説
  • デイリーランキング最高 72 位(ファンタジー)
魔王が討ち取られ、時間がたった。
私は勇者パーティの魔法使いに憧れて魔法使いになった。
私の魔力は普通とは少し違い、一般攻撃魔法ですら使えない。
その代わり、何かを信仰する事で神聖魔法を使える。
私は吸血鬼の姫様と紫の女王を信仰することにした。

何時しか、私は街でも有名な魔法使いになった。
朝から人助けの日々、そんな毎日だった。
そこから冒険に誘ってくれたのは、あの憧れた勇者パーティの魔法使いだった。

チャプター

全11話
35,510文字
黄昏

黄昏

この小説を読んだ方は、こちらの小説も読んでいます

が好きなあなたにおすすめの小説

箱庭の魔法使いと迷子少女

プリ小説オーディオドラマ

公式TikTokの注目動画

もっと見る