無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話




光Side


痛いの嫌いなのに…ほんとに申し訳ないや…

でも、やらないといけないから心を鬼にしてやる



光「右から回していくよ」




あなた「ビクッ…痛いぃぃぃぃぃぃぃ!!!
もうやだ…痛い…やだ…やめて…」




ホント申し訳ないな…




光「右はオッケ
次左行くよ」




あなた「痛いよぉぉぉぉ!!!やめて!やだ!痛い!!!」




ほっんと心痛むよね…

こういう子今まで何人も見てきたけど頑張ってくれてるのにさらに痛くしちゃうしね…



光「よし、終わり
ごめんな、あなた」




あなた「痛かったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ………」




光「偉かったよ…撫」

回して見る限り骨折はしてないだろうけど、ひどい捻挫かな…

入院してリハビリかな

どうせだし、侑李に頼むか



光「あなた?わかる?」



あなた「コクッ…」



光「骨折はしてないけど、捻挫ひどいからこのまま入院しよ
で、リハビリもしないといけないからさ…
それは侑李に任せるし、いける?」



あなた「………光……にぃ………病室…………来る…………?」



光「うん、行く

時間あればリハビリも手伝う

みんなには俺から伝えとく

リハビリも痛いだろうし大変だけど、頑張れる?」




こういう説明何回もやってるけどね…

あなたに言うとなると更に心痛くなるな…




あなた「ん…頑張る…」




光「偉いな撫
じゃあ病室行くか」





あなた「コクッ…」

頑張ろうな、あなた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

友美♬。.
友美♬。.
はじめまして! 初心者ですが、たくさんの人に読んていただけると嬉しいです! お気に入り数400人超え!!! ほんとにありがとうございます! いつも読んでくださっている読者の皆さん、ほんとにありがとうございます💕 これからも、よろしくお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る