無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話





あなたSide



宏太にぃに点滴だけしてもいい?って言われた…

なんで痛いことばかりするの…



宏太「にぃには早くあなたを治してあげたいの
痛いの嫌だと思うけど、頑張れない?」




あなた「頑張れない!!!」




雄也「あなた?痛いから嫌だっていう気持ちはわかる
けど、これ以上悪化しちゃったらさらにあなたが辛い思いするだけだよ?」





大貴「宏太にぃはなるべくあなたに辛い思いさせたくないから言ってくれてるんだよ?」




光「宏太にぃ上手だからすぐ終わるよ!」




宏太「おぃ…プレッシャーかけんでくれよ…w」



点滴…嫌だけど、これ以上痛いこともやりたくない…





あなた「て………やる」




光「やる?」



あなた「やる…」




宏太「ん、偉い撫
早く終わらせちゃおっか」




あなた「手…」




大貴「繋ぐ?」




あなた「頷
みんなと繋ぐ…」



雄也「ん、繋ごうな
大丈夫、あなた強いからすぐ終わるよ」






やっぱりにぃにたちってすごいよね

ほんとに尊敬する

こうやって気持ち落ち着かせてくれるし





宏太「よし、やるよ
針怖いだろうから光たちのほう向いてな?」




大貴「あなた大丈夫
スマイルスマイル!かわいい顔台無しだよ?」




雄也「いや、今そんな暇ないでしょw」





光「あったら流石にすごいw」








あぁ、やっぱりにぃにたちは面白いから好きだ




あなた「( 'ᵕ' )」


宏太「あ、あなた笑った」




大貴「まじ!?」




光「うるせーw」




雄也「www
もうわかったからwww」




宏太「てか、点滴できてないんだけどw」




光「本来の目的まだ達成してないっていうねw」




大貴「でも、結構リラックスできたんじゃない?」




あなた「結構できたw
でもやっぱり怖いわ」




雄也「大丈夫
俺ら見てたら終わるから」




あなた「頷」



よし、頑張るか


宏太「チクってするよ…」





あぁ…やっぱり痛いわ…





あなた「んん…痛い…」





大貴「あなた頑張れてるよ?
あとちょっと頑張ろ撫」




大貴にぃの手、暖かい…

あとちょっとだよね…頑張ろ…





宏太「よし、おっけ
頑張ったな撫」




光「泣かなかったじゃん
偉い偉い撫」





雄也「やっぱり小さい頃とは違って成長したね〜撫」


終わった…


痛かったけど、たくさん撫でてもらえたからやっぱりにぃにたち大好き





宏太「点滴終わるまで2時間位かかるから寝てたら?」





あなた「んん…そうする」





雄也「そしたら俺たち仕事場へ行くわ」




大貴「って言ってもここだけどねw」




雄也「まーねw
あなたじゃあね撫元気になってるんだよ?」




あなた「大貴にぃ、雄也にぃ、ありがと」





大貴「いえいえ
早く治してまたたくさん話そうね」





あなた「うん」







end…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

友美♬。.
友美♬。.
はじめまして! 初心者ですが、たくさんの人に読んていただけると嬉しいです! お気に入り数400人超え!!! ほんとにありがとうございます! いつも読んでくださっている読者の皆さん、ほんとにありがとうございます💕 これからも、よろしくお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る