無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話



あなたSide




今日はリハビリの日

けど、まだリハビリ室には行かないで病室でやるって言われたからベッドの上で待ってる



さっきちょっと動かしてみたけど痛かったんだよなぁ…



痛くないといいけど…




侑李「あなた」




あ、侑李にぃが来た




侑李「体調はどう?」



あなた「大丈夫だよ」



侑李「おっけ
じゃあやっていこっか
って言う前に、今日裕翔にぃ来てくれてるよ」




裕翔「やっほ、あなた」




あなた「え、裕翔にぃ仕事は?」




裕翔「今日は休み
でも、病院に入るって言っちゃったからもしかしたらヘルプ呼ばれるかも」



侑李「え!?それ聞いてないよ!?」




裕翔「嘘!?言ったよ!?」



侑李「聞いてないー」




相変わらず面白いなーw



裕翔「はいはい、俺が悪いです
ごめんなさい」


侑李「許してあげよう
その代わりちゃんとあなたフォローしてよ?」



裕翔「喜んでやらせていただきます」



侑李「んじゃあ、やってこっか
最初は足マッサージしていくね」

って侑李にぃが言うと手が足に触れた


痛いかなって思ってたけど、全然痛くない


痛いどころかくすぐったい笑




あなた「くすぐったい笑」



裕翔「あれ、あなたってそんなにコチョコチョ弱いっけ?w」



あなた「んーわかんないけど笑」




侑李「まー結構みんなくすぐったい言って言ってるから多分人間の本能的にくすぐったいのかもね」




あなた「本能的ってなにw」




そんな感じで話しながらやってると…



plplplplpl




侑李「この音僕のじゃないから裕翔にぃのじゃない?」




裕翔「うわーこんな時にかよー」




どうやら呼び出しが来たみたい




裕翔「はい、わかりました、今行きます」




あなた「ヘルプ?」



裕翔「なんか今日やけに子供多いらしくて全然進まないから裕翔来てって言われた
あなたごめんね…」



あなた「大丈夫だよ!
仕事頑張って!」




侑李「行ってらっしゃい」




裕翔「ごめんね
行ってきます!」



裕翔にぃ行っちゃったなぁ…








でも、このあとあんな事が起こるなんて…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

友美♬。.
友美♬。.
はじめまして! 初心者ですが、たくさんの人に読んていただけると嬉しいです! お気に入り数400人超え!!! ほんとにありがとうございます! いつも読んでくださっている読者の皆さん、ほんとにありがとうございます💕 これからも、よろしくお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る