無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話



光Side


そろそろあなた起こしていくか





光「そろそろ起こそっかなって思ってるんだけど」



雄也「確かにね
時間かかるだろうし、起こしていくか」




大貴「俺車出してくるよ」




光「ごめん、ありがと」






さ、起こしますか




光「あなたー」




あなた「光にぃ…
ちょっと寒い…」




光「寒いか…
また熱上がるかもね…
病院行こっか」




あなた「んん…やだ…」




光「でもさ、ずっと熱あるのも辛くない?
一回宏太にぃのところ行こ?」




あなた「うん…」





光「偉い偉い」




大貴「光にぃ〜!準備できたよ!」




光「じゃあ行こっか」




雄也「大丈夫?」




あなた「多分…」




光「寝てなあなた」




あなた「うん…ありがと」




雄也「おやすみ」





あなた「おやすみ」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

友美♬。.
友美♬。.
はじめまして! 初心者ですが、たくさんの人に読んていただけると嬉しいです! お気に入り数400人超え!!! ほんとにありがとうございます! いつも読んでくださっている読者の皆さん、ほんとにありがとうございます💕 これからも、よろしくお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る