無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話




宏太Side



時間かかるかなーって思ってたけど、結構早く来た

それほどあなたも辛いってことだよね

早く治してあげないと



宏太「あなた?大丈夫?」




あなた「んん…病院やだ…」



大貴「あなた今辛いでしょ?
宏太にぃに治してもらお?」




あなた「痛いことする…」




雄也「まだしないよ?」




あなた「絶対…?」




宏太「うん、しない
心臓の音だけ聞かせて」



あなた「んん…」




いつも通り手こずってるなーw





宏太「よし、終わり
次喉見せて?」




あなた「やだ」




光「なんで?痛くないよ?」




あなた「抑えるじゃん…」





あ、舌圧子のことか




宏太「抑えないから口開けれる?」




あなた「ん…」





宏太「えらいえらい」





いやー、こりゃ脱水してるな…

嫌がるけど点滴かな…



宏太「光、点滴持ってきてくれる?」




光「おけ」




どうにかバレずに光に伝えられた




あとはあなたを説得するだけだけど…





宏太「あなた?
今ね、にぃがあなたの喉見たら乾燥してて、脱水してるの
このままだとあなたがさらに辛い思いするだけだから点滴頑張ってくれない?」




あなた「やだ!」







んー、予想通りの答え。笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

友美♬。.
友美♬。.
はじめまして! 初心者ですが、たくさんの人に読んていただけると嬉しいです! お気に入り数400人超え!!! ほんとにありがとうございます! いつも読んでくださっている読者の皆さん、ほんとにありがとうございます💕 これからも、よろしくお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る