無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

人助け



あなたSide



今日は4時間授業ーーーーーーー!

だからめっちゃ早く帰れたんだ〜

家帰ったら何しよう

って思ってるとなんか前にいるおばあちゃんが変

ちょっと注意しながら歩いてると…



おばあちゃん「うっ…倒」




おばあちゃん倒れそうじゃん!危ない!

って思ったときにはもう走っておばあちゃんのところに行ってた




どうにか間に合った…頭は打ってない感じだな…


って、足痛い…



通行人「大丈夫ですか?
今救急車呼びますね!」



あなた「…このおばあちゃん……先に……運んで………あげてください………」




通行人「でもあなたもすごい痛そうにしてますけど大丈夫ですか?」




あなた「私は………大丈夫………ですから………おばあちゃん……………を…………」




通行人「わかりました」



ちょっとしておばあちゃんは運ばれた

でも、やっぱり足痛いし、ところどころ痛むよ…

とそこに救急車が来た

でも、そっからは記憶にない…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

友美♬。.
友美♬。.
はじめまして! 初心者ですが、たくさんの人に読んていただけると嬉しいです! お気に入り数400人超え!!! ほんとにありがとうございます! いつも読んでくださっている読者の皆さん、ほんとにありがとうございます💕 これからも、よろしくお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る