無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話



あなたSide



朝起きたらちょっと体がだるかった


でも、このまま下行ったら絶対バレるよな…


かと言ってここにいても誰か来るよね?


あ、寝たふりしてたら大丈夫か


よし、寝てよ


宏太「あなたー?もう朝ご飯できてるよ」



宏太にぃが呼んできた



でも寝てるっていう設定だから無視無視
と思ったら…



宏太「あなた?入るよ?」



入ってきたよ…


宏太「あなた起きてー」



あなた「んー?あ、宏太にぃ」



宏太「おはよ。って顔赤くない?だるくない?」



あなた「へ?あ、うん、大丈夫」


宏太「嘘でしょ
みんないるし下行こ」





あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁバレる…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

友美♬。.
友美♬。.
はじめまして! 初心者ですが、たくさんの人に読んていただけると嬉しいです! お気に入り数400人超え!!! ほんとにありがとうございます! いつも読んでくださっている読者の皆さん、ほんとにありがとうございます💕 これからも、よろしくお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る