無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話



圭人Side




裕翔「そろそろ大丈夫かな
じゃあガーゼ外していくよ」




そう言って裕翔がガーゼをあなたの耳から取ってるときあなたの顔がすごいひきつった


やっぱり怖いんだな…


ちゃんとフォローしないと…





圭人「あなた?大丈夫、裕翔が絶対治してくれるから
ちょっとだけ頑張ろ?」





あなた「ん…」





裕翔「最初ちょっと痛いかもしれないけど、我慢せずに泣いていいからね?
けど、顔だけは絶対動かしちゃだめだよ」




あなた「ん…」




圭人「手、繋いどこ
ちょっと頭抑えるね」




そう言ってあなたの頭を抑えた



もちろん、優しくねw






そしたらあなたの手を握る力が強くなった


だから俺もあなたの手を強く握った





裕翔「行くよ〜1、2、3」




そう言って裕翔が細いメスでプスン、と鼓膜を切った







あなた「んん!!!!痛い…!」





裕翔「痛いね…ごめんね…
あと膿吸うだけだからね」




圭人「あなた頑張れてるよ〜
あとほんとちょっとだから頑張ろ!」




もう頭を固定しなくても大丈夫だから頭を撫でながらあなたに伝える




あなたも怖いし痛いだろうのにずっと我慢してくれてるし…



ホント頑張り屋さんだなあなたは







裕翔「よし終わった!!!
頑張ったね(撫」




あなた「痛かった………」





圭人「動かずに頑張れてたよ!!!」




裕翔「うんうん!めっちゃやりやすかったよ^^」




あなた「ん^^」




偉かったなあなた


けど、まだあるんだよなぁ…w
大丈夫かな?w

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

友美♬。.
友美♬。.
はじめまして! 初心者ですが、たくさんの人に読んていただけると嬉しいです! お気に入り数400人超え!!! ほんとにありがとうございます! いつも読んでくださっている読者の皆さん、ほんとにありがとうございます💕 これからも、よろしくお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る