無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話




宏太Side



朝あなたを起こしに行ったら顔が赤い

どうせ嘘つくかなって思って熱ない?って聞いたらない!って言うし

嘘つかなくても俺らは医者なんだからばればれだっちゅーのw

あなたを連れて下に行くと…


涼介「あなたおはよ」


あなた「おはよ。」


宏太「あなた多分熱ある」


あなた「ない。」


涼介「熱測ろ?」



あなた「やだ…」



涼介「なんで?痛くないじゃん」



あなた「…………………」



宏太「隙あり」



あなた「あぁーーーーー!」



涼介「もう無理だな
あれ、今日休みって誰だっけ?」




宏太「光かな?あと雄也と大ちゃんが夜勤だって言ってた気がする」



涼介「じゃあ、2人が夜勤行くときに3人で来てもらうか」



あなた「病院行かない。」



pipipipipi



宏太「あ、鳴ったよ」



涼介「何度?」



あなた「……………」



宏太「だまんないー」



あなた「37.8」




涼介「微熱だねー
まー、病院は行こう」



あなた「なんでそうなるのーーーーー(泣)」



宏太「もーなんでなくのー(笑)
まだ行かないから。上で寝てる?」



あなた「寝る。」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

友美♬。.
友美♬。.
はじめまして! 初心者ですが、たくさんの人に読んていただけると嬉しいです! お気に入り数400人超え!!! ほんとにありがとうございます! いつも読んでくださっている読者の皆さん、ほんとにありがとうございます💕 これからも、よろしくお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る