無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話



あなたSide



なんで注射なんかするの…

やだよ…やりたくないよ…




宏太「痛いからやだよね…
でも、予防接種してなくてインフルエンザにかかって辛い思いしたくないじゃん?
みんな頑張るからあなたも涼介も大貴も頑張ろ?」



光「大丈夫、宏太にぃが痛くなるやってくれるから」



宏太「おい、ハードル上げるなw」



慧「痛かったらなんかおごってくれるって」



宏太「そんなこと言ってない」



圭人「注射頑張ったらほしいもの買ってあげる
だから頑張れる?」




涼介「絶対…?」



圭人「絶対」




涼介「じゃあ頑張る…」



大貴「俺も…」






あなた「………がんばる……………」





裕翔「ん、偉い偉い(撫」






涼介にぃも大貴にぃも頑張るっていう雰囲気になったらやらないとじゃん…(泣)



やだよ…






宏太「大丈夫、まだ3人はやらないから
先他の人やっちゃうか」



雄也「俺最初やる」



宏太「おっけ、こっちきて」



始まっちゃった…



宏太「じゃあいくよ」チクッ



雄也「っ………」



宏太「しびれる感じない?」



雄也「うん、大丈夫」



宏太「入れてくよ」



雄也「あっ…」



宏太「よし終わり!おつかれ^^」



雄也「ありがと^^」



宏太「次はどうする?」



裕翔「俺やる!」



宏太「おっけ〜
じゃあ腕出して」


裕翔「ほいよ」


宏太「おっけ
じゃあ行くよ〜」チクッ



裕翔「んん…」



宏太「しびれてない?」



裕翔「大丈夫」


宏太「入れてくよ」


裕翔「っ………」


宏太「よし終わり!」


裕翔「ありがと〜」






そこから光にぃ、侑李にぃ、慧にぃと続いて…




宏太「次圭人やる?」



圭人「うん…」



裕翔「圭人どうした?」



圭人「ちょっと怖い…」




え、全然見えなかった…

ずっと我慢してくれてたのかな…?




光「圭人おいで」



圭人「うん…」



光「3人に心配かけたくないから我慢してたんでしょ?
圭人の優しさだと俺は思うよ
だからさ、3人に迷惑かけないように最後まで頑張れる?
終わったら泣いていいから」




圭人「うん…頑張る…
だって3人に頑張って欲しいもん…」







あなた「圭人にぃ…優しすぎるよ…
我慢しなくていいよ…?」




圭人「こわい……」




侑李「大丈夫、圭人にぃならいける!」



宏太「いける?」


圭人「頑張る…」


宏太「よしやろ
腕出して」




圭人「ん…」




宏太「よしえらい
じゃあいくよ?頑張れ」チクッ




圭人「いっ……………
大丈夫、しびれてない…」




宏太「はやいよw
じゃあ入れてくよ」




圭人「うぅ…痛い…」



宏太「ごめんなぁ…

よし、おわり!偉かったな!」




圭人「んー…ありがと」




宏太「いーえ^^
残るはそこのお三方ですね…」




あぁ…圭人にぃ見たらさらにやりたくないよ…



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

友美♬。.
友美♬。.
はじめまして! 初心者ですが、たくさんの人に読んていただけると嬉しいです! お気に入り数400人超え!!! ほんとにありがとうございます! いつも読んでくださっている読者の皆さん、ほんとにありがとうございます💕 これからも、よろしくお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る