無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

インフルエンザ



雄也Side



今日は土曜日!!!
世間の皆さんはお休みだろうけど、医者はそうとは行かないんだよなぁー



外来も土曜だから午前だけだったし、あとは病棟で入院してる患者さんをちょっと見て平日よりは早めに帰ってきた


家に帰ってきたらあなたが洗濯物たたんでたんだけど…



なんか調子がおかしい


おかしいっていうか、顔も赤いしなんかぼーっとしてる





雄也「あなた?大丈夫?」




あなた「あっ、雄也にぃ
おかえり」




雄也「ただいま
ね、あなた
なんか顔赤いけど大丈夫?」





それを伝えたらアチャ…って顔したあなた

もしかして気づいてたのかな?




雄也「気づいてたの?」




あなた「朝ちょっと微熱だったんだけどそこまでひどくないから洗濯物たたんでたんだけど…」





雄也「無理して畳まなくても良かったのに…
わざわざありがとうね?
ベットでゆっくり休んでな?(撫」





あなた「ん…
ありがと、雄也にぃ」







あなたを部屋に連れて行って体温計で熱測ってみるとまだそこまで上がってない感じ





雄也「まだ37℃台だけど、あがったら大変だからゆっくり寝てな?」





あなた「ありがと
洗濯物、ごめんね?」






雄也「大丈夫、気にするな」






あなたは優しいからね…
すぐ人のことを気遣っちゃう




お腹をポンポン叩いてるとだんだんあなたの寝息が聞こえてきた





あなたが寝たからまた1階に戻ってあなたが畳めなかった分の洗濯物たたんでるだけど…




雄也「あれ、これは乾いてるのにこっちは乾いてないや」





乾いてるのと乾いてないのがあってちょっと無理してたのかな…って




この時期インフルエンザも怖いから早く治ってくれればいいけどね…





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

友美♬。.
友美♬。.
はじめまして! 初心者ですが、たくさんの人に読んていただけると嬉しいです! お気に入り数400人超え!!! ほんとにありがとうございます! いつも読んでくださっている読者の皆さん、ほんとにありがとうございます💕 これからも、よろしくお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る