無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

予防接種


宏太Side



宏太「ごめんね〜いくよ〜」チクッ




子供「うぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!」





宏太「ごめんね!もう終わったよ!頑張った!」







そう、今インフルエンザのワクチン打つ子供で外来は溢れかえっている





もう今日何人泣かせたことか…


この子で午前中の診察は終わり


冬はやっぱり忙しいや…^^;





宏太「またね〜」



子供「先生ありがと^^バイバイ…^^」





あぁ…癒やされる…


泣かれても結局最後笑ってくれるとホント癒やされるんだよなぁ…



とか思ってたら






裕翔「宏太にぃ、ちょっといい?」




あれ、裕翔

病棟の子でなんかあったのかな?





裕翔「俺らさ、予防接種まだ多分できてない人ほとんどじゃん?
あなたもいるし、家でやらない?」




宏太「確かに…言われてみれば俺もやってないや」




裕翔「俺もやってないんだよね
で、涼介と大貴にぃは絶対やらないじゃん?
他も忙しくてできてなさそうだし…
今日誰も当直入ってないからやっちゃわない?」





さすが裕翔、頼もしいわー



宏太「そうしよっか
あぁー、あなたと涼介と大貴めんどくさくなりそうだぁ…」



裕翔「もういつものことだからしょうがないけどね…w」



宏太「あなたはまだしも、涼介と大貴はもう大人なんだからさぁ…」



裕翔「ねぇ…wwwww
あ、みんなには伝えないでおくよ!
逃走する3人がいそうだからw」




宏太「ごめん、ありがと
裕翔これで終わり?」




裕翔「終わり〜
家でみんなの様子見てますわ」




宏太「おっけ、よろしく〜」






さぁ、午後もさんざん泣かれて夜も泣かれないといけないんだから昼休みのうちにたくさん食べとかないと!!!w

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

友美♬。.
友美♬。.
はじめまして! 初心者ですが、たくさんの人に読んていただけると嬉しいです! お気に入り数400人超え!!! ほんとにありがとうございます! いつも読んでくださっている読者の皆さん、ほんとにありがとうございます💕 これからも、よろしくお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る