無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話



涼介Side




大貴「ありがと
2人とも大丈夫だよ
宏太にぃが痛くなくしてくれるから」





大貴にぃが終わっていってくれた言葉



ちょっとは信じてみてもいいっかな…



俺いっつも病棟の先生にバレて無理矢理やられてたからさ…



でも、ここにいるのは無理矢理やるような人ばかりではない



宏太「次はどっちがやる?」



頑張ってみよ…



涼介「俺やってみる…」



雄也「おぉ、涼介が自分から来た」




涼介「大貴にぃの言葉、信じてみようかなって…」




光「めっちゃ大貴の言葉響いてるじゃん」




大貴「涼介、大丈夫だよ
お前は俺よりも強いからすぐ終わる
あなたも強いよ?」




あなた「ん…
涼介にぃの次やる…」



裕翔「2人とも偉い!(撫」




あなた「ん///」




涼介「んふ///
ね、宏太にぃ…」




宏太「ん?」



涼介「俺、病棟の先生に毎回バレて無理矢理やられてたから怖いの…
だから…無理矢理やんないよね…?」




侑李「宏太にぃはそんなことしないよ」



慧「みんなが保証する^^」




光「何なら痛くないかもよ!?」





宏太「おいおい光…無痛は流石に無理だわ…^^;
でも、無理矢理は絶対やらない
それは約束する
だから涼介も頑張ろ?」



涼介「ん…」



大貴「俺の上乗るか、涼介?」



涼介「乗る…」




大貴にぃのおかげでここまでこれたから大貴にぃの上乗っとけば大丈夫だなって不思議と思えてくる



宏太「じゃあ腕出して?」




涼介「(頷」



出したものの、やっぱり怖いよ…




雄也「偉いじゃん、涼介」




裕翔「ちょっと腕抑えるよ〜」



裕翔に言われてほんとに怖くなってきた



宏太「じゃあいk…」



涼介「ちょっとまって!」




あまりにも怖くて止めちゃった…




涼介「………グスッ………………ごめんなさい……………」




宏太「大丈夫大丈夫
涼介がまたやる気になったら出してね?」




宏太にぃは自分のペースにずっと合わせてくれる




あなた「涼介にぃ…頑張れ…?」




このあと自分もやるからすっごい不安だろうに頑張れって言ってくれるあなた




あなたも早く終わらせたいだろうし、決心して宏太にぃに腕を出す






宏太「ん、偉いな、涼介
じゃあ行くよ?」チクッ





だめだ…痛い…





涼介「……痛いっ………………」




宏太「ごめんな…

しびれる感じない?」





涼介「コクッ」




もう針刺した時点で痛くて言葉も出せない…





宏太「あとちょっと、頑張れ」




そう言われてワクチンが身体の中に入ってくる感じがする





涼介「んん!!!!!痛い、!!!!!」



痛くて動きそうだけど、腕だけは動かさないようにしてる


よく自分も患者さんに言ってるしね…



光「涼介、大丈夫だよ
ちゃんと腕動かさないで頑張れてるよ
あとほんとにちょっと。頑張れ!」




今はほんとに早く終わってっていう気持ちしかない…

まだかな…




宏太「よし終わり!!!!!腕動かさないで頑張れたな、涼介
偉い偉い(撫」




終わった…

疲れた…



侑李「涼介にぃすごかった!
全然動いてなかった〜」



慧「さすがエリート看護師だなw」




涼介「みんなありがと…」





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

友美♬。.
友美♬。.
はじめまして! 初心者ですが、たくさんの人に読んていただけると嬉しいです! お気に入り数400人超え!!! ほんとにありがとうございます! いつも読んでくださっている読者の皆さん、ほんとにありがとうございます💕 これからも、よろしくお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る