無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話



侑李Side




あんなにすぐリハビリするって言ってくれるなんて思ってもいなかった…


正直なこと言えばもうできないかと思ってたくらいだったから…



涼介「侑李。どうだった?」




侑李「許してくれた
あと、リハビリするって」




涼介「え、今から?」




侑李「うん
次いつくらいにやるの?って言われて早いほうがいいって言ったら今日やるだって
痛くても我慢するって決めたって」




涼介「あなた強いなぁ…」




侑李「今日だけ補助入ってほしいって言ってたから入ってもらっていい?」




涼介「もちろん」



あなたに少しでもやる気が出ているときにやらないとね




侑李「あなた〜」




涼介「あなた!!!偉いな…痛かったのにもう一回頑張るって…(撫」





あなた「なるべく早く治したいから…
涼介にぃ、手繋いでてくれる…?」





涼介「もちろん
頑張ろうな?」





あなた「(頷」







さっきあんだけひどいことしたのになぁ…


ほんとにあなたは強い


侑李「痛かったら涼介にぃのて強く握っていいし、大声出してもいいし、泣いてもいいけど足だけは動かさないでね?」




あなた「(頷」





侑李「いくよ」





あなたの足を回す


そしたらすぐに…





あなた「いっ……………」





涼介「あなた大丈夫?」





あなた「大丈夫。
痛っ…」





侑李「ごめんあなた」





あなた「大丈夫だよ…
…っ………頑張るから…」





やばい、泣きそうなんだけど


こんなにも痛み我慢してくれてるとかほんとに感動…





侑李「あと10秒ね!」




涼介「あなたあと10秒だって!頑張れ!」





最後に入念に足首を回す


かなり痛みはあるだろうのにずっと我慢してくれてる




侑李「よし終わり!よく頑張ったねあなた!」





涼介「泣かなかったじゃん
偉い(撫」





あなた「侑李にぃと涼介にぃがいたから頑張れた…
違う先生だったら絶対無理だったもん…」





侑李「んふふ
頑張ったね^^」




あれから数週間…



あれ以降はずっと僕と2人でやってた



最初の方は痛がっていたけど、泣かずに頑張ってくれた


ちょっと前からは歩行訓練も始めた


もうすごいよね

早く歩きたかった!と言わんばかりにどんどんと進んでいくから逆に心配になる笑



光にぃからもこれだけ元気ならもう大丈夫でしょってことで今日退院






圭人にぃと慧にぃが夜勤だからそのまま一緒に帰ってくれるらしい



まーでも、みんな集まってきたけどねw




あなた「外出るの久しぶりだぁ〜」



慧「やっとあなたが家に!!!」



涼介「慧にぃ喜び過ぎw」



宏太「そんなに嬉しいのかw」



慧「だって、久しぶりじゃーん!」


大貴「まーそうだけどねw」


光「あなた、家でもあんまり無理するなよ?
まー慧にぃがいる限り無理だろうけどw」



あなた「うん
ありがと」



圭人「じゃあ帰るか」



裕翔「気をつけてね〜」



雄也「圭人ちゃんと送ってよ?」



圭人「ちゃんと送らせていただきます。w」



侑李「じゃーね〜
またあとで!!!」



あなた「うん!!!」







何より元気になってくれてよかったよ^^






end…



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

友美♬。.
友美♬。.
はじめまして! 初心者ですが、たくさんの人に読んていただけると嬉しいです! お気に入り数400人超え!!! ほんとにありがとうございます! いつも読んでくださっている読者の皆さん、ほんとにありがとうございます💕 これからも、よろしくお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る