無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話




光Side

これから2人が運ばれてくる

おばあちゃんが倒れたところを中学生が助けたらしいんだけど、どうやらその子も足とか痛いって言ってるらしい

おばあちゃんのほうは胸らへんが痛いって言ってるらしいからおそらく心筋梗塞かなー

だから心臓カテーテルでどうにかなるかな


中学生の子はとにかく足痛いらしいから…

骨折ではないと思うけど、一応レントゲンかな…


とか思ってると…




看「救急車、つきました!」



光「了解、今行く」

先におばあちゃんのほうが到着して、話とか聞いたりしてるとやっぱり心筋梗塞っぽい

ここは心臓外科の方々におまかせして、もうちょいで来るっていう中学生のほうへ


中学生が人助けって偉いな…

おばあちゃん見て倒れてきそうなところを助けたってことは距離あれば結構ギリギリだから痛み強いのかもね…


とそこに救急車が来た
後ろのドア開けて救急隊員から引き継ごうと思ったら…



?「光にぃ…」




え?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

友美♬。.
友美♬。.
はじめまして! 初心者ですが、たくさんの人に読んていただけると嬉しいです! お気に入り数400人超え!!! ほんとにありがとうございます! いつも読んでくださっている読者の皆さん、ほんとにありがとうございます💕 これからも、よろしくお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る