前の話
一覧へ
次の話

第2話

平民と名家
万城目
万城目
なる、ほど。俺はこのわかなを手に入れたい。
もちろん双方の能力を伸ばした上でた。
などとわかなを狙う貴族がいて
彼はブルーでレッドよりかは上だった。
万城目
万城目
わかな、勝負しろ。
そこの単細胞とまとめてかかってこい
わかな
わかな
え?
万城目
万城目
俺はおまえを嫁に迎えたい
遊城十代
遊城十代
は?わかなをよめにするのは俺だぜ!
万城目
万城目
寝言も大概にしろ
わかな
わかな
寝言じゃないわ!
勝負は受けるよ
遊城十代
遊城十代
だな!馬鹿にされてたまるか
和音
和音
相手は格上か
久我 
久我 
自信ないのか?
和音
和音
やって見る価値はあるな
久我 
久我 
だろ?やろうぜ
わかな
わかな
やってみよう
万城目
万城目
そうこなくてはな
と、戦いが始まる
わかなは久我を防具に。
和音は杖にした。
和音
和音
わかな。右方向から火の魔法
わかな
わかな
ファイア!
万城目
万城目
あまいな!ドラグニティいけ!
相殺しろ
火の魔法にドラゴンで打ち消す
万城目
万城目
よし、そのまま返してやれ
ドラゴンは火を吐いた
久我 
久我 
よし、それくらい!!
氷のバリアを作った。
お互い相殺戦の果て
わかな
わかな
MP切れか。私の負けよ
わかなは負けを認めた。