前の話
一覧へ
次の話

第1話

わかなは天使を呼んだ編
超名家の国家魔術師の神堂姉妹が
魔法学園に入学して暫くのことだった
ネズ
ネズ
では、今日は召喚の儀を試しますよ
召喚の儀は自分の戦闘力を高めるためのものであった。
ネズ
ネズ
最初は遊城くんから。
遊城十代
遊城十代
ガッチャ!今日こそやってみせるぜ。
わかなのお目付け役でありネズの使い魔でもあるあなたは、こいつが失敗してるのは何回も見てるため期待せず
遊城十代
遊城十代
お?なんかきたぜ!
ついに十代も召喚に成功した。

「くりくりー!」
と、喋る使い魔ハネクリボーは高等天使で
十代を選んだそうだ。
しかしまだ生まれたてである。
ネズ
ネズ
ほう。高等天使ですか。
待ったかいがあるってことですね
そしてななが次にやるも
なな
なな
むう。出なかった
失敗したようだ。
次はわかなである
わかな
わかな
!!
まばゆい光で現れるは平民使い魔の久我と名乗った天使だ。
久我 
久我 
ようやく地上にこれた。
君が俺が君のマスターかな?
天界の平民の彼はわかなに順応するのが早かった
わかな
わかな
は、はい。わかなです!
久我 
久我 
それじゃあ契約のキスを
そう言うと唇にキスして契約を済ませた
ネズ
ネズ
まあ、わかな様のレベルなら。。。
今後も試しましょう
下等だったため言い
あなた

そうね。もう一人くらい居てもいいわね

レイナはそう告げた
こうして最初の儀を終えた。
その後は十代が前衛でわかなが後衛で
実戦をしていたころ
天界にて
和音
和音
下等レベルがあの神堂家と契約!?
よし!俺も行かないと!
そうしてわかなは二人目をゲットした
遊城十代
遊城十代
お、わかな!また強くなったんだな!
そうにこりとして
十代が馴れ馴れしくするとあなたが
あなた

そこまで!

とめにはいる。
もはや日常茶飯事
遊城十代
遊城十代
身分なんて関係なしに
俺はわかなを愛してるぜ!
和音
和音
低能バカが。
今の規律じゃそれも厳しいんだよ
嫉妬しながら和音が伝えると
あなた

そうよ!この学園にはそういうルールがあるの

遊城十代
遊城十代
ルールなんて気にしないぜ?おれは
わかな
わかな
十代くん‥!
あなた

わかなも惚れ直すんじゃないの!

なんてこともよくある