無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4 "





これが私なりの精一杯の " 色気 " の出し方 .




[ おい あれ 2年のあなたさん だろ ]

[ まじだ あれ 誘ってんのかな ]

[ 今日の予定 聞いてみようかな ]




結構いい感じ 成功 ?
けど 私の本命は 違う



『 やあ!!!! あなた さん 』





「 え?    ひゃ!!! 」






頭からジャケットが降ってきた








『 ちょっと すぐに研究室きて 』

なんか 怒ってる?