無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2 "







大学2年 私は残り少ないらしい
だから恋をする











『... ゃあ !やあって あなた さん !!!!』







だから私はこのキム先生に" 愛 "を伝える






『 ずっと見てたい顔だってわかるけどさ そんなに見つめないでくれるかな 』








「 !!!! 」
『 ㅋㅋㅋ まあ いいや 今日はここで終了 お疲れ様 』





かなり大きな " 失態 " を起こしてしまった。






けど...


「 先生 」



私はもう時間が無いんだ





「 好きです 先生の事が 好きなんです 」





言い切った





先生 なんでそんなに平然としてるの





『 残念だけど僕は 年下 には興味ないんだ 』






心の歯車が加速した
" 止まる " のが普通かもだけど私は変わり者みたいだ






「 ㅋ 先生のこと 絶対 振り向かせます 」










『 俺 結構 手強いよ 』










私には " 時間 " がないの
だから直ぐに先生に振り向いてもらわないと































時間がないから " 一瞬 " しか実らないかもだけど
その一瞬だけでも私の方を向いて?