無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

なんだっけ…あ、いれゔん!(なんか違う)
(なまえ)
あなた
はよーっす
るぅと
るぅと
おはようございます。
ころん
ころん
おはよぉ( ゚д゚)
(なまえ)
あなた
朝からそれはwww
莉犬
莉犬
あ、あなたおはよ!
ジェル
ジェル
お、莉犬!おはよう!
莉犬
莉犬
……ころちゃんとるぅとくんもおはよ!
ころん
ころん
おっはよぉ〜
るぅと
るぅと
莉犬もおはようございます!
ジェル
ジェル
無視!?無視されたんやけど!?
(なまえ)
あなた
あー…よ、よしよし?w
ジェル
ジェル
あなたの背が届いてないから背中さすられてるだけやんw
(なまえ)
あなた
仕方ないじゃん背が高いんだもんw
るぅと
るぅと
……っ!
(なまえ)
あなた
ん……なにかあったの?るぅとくん…
るぅと
るぅと
『侵入者』です。
(なまえ)
あなた
こ、ここの門とかを突破してきたってこと?
さとみ
さとみ
ここの所は護りも少し強めてたんだけどなぁ……
るぅと
るぅと
さとみくん…大丈夫そうですか?
さとみ
さとみ
るぅとの結界がかなり効いてて、暫くはその『侵入者』とやらも入れないはず……
るぅと
るぅと
ならいいんですけど…
(なまえ)
あなた
……(ぞわっ…)
ころん
ころん
……あなた?だいじょぶ?
(なまえ)
あなた
へ!?あ、大丈夫!(焦笑)
莉犬
莉犬
大丈夫ならいいけど……てかころちゃん気づくのはや…
ころん
ころん
前に血を吸ったからその相手の状態は早めにわかるんだよねぇ(   ¯ ꒳¯)ドヤァァァァァ
るぅと
るぅと
そんな事でイキってると気持ち悪いですよ?←
さとみ
さとみ
……狙いはあなただろうな……
ななもり。
ななもり。
はぁ……っと、皆大丈夫だよね?
ジェル
ジェル
なーくん大丈夫なんか?疲れてへんか?
莉犬
莉犬
疲れてそうだし、俺が魔力供給するよ!部屋行こう!
ななもり。
ななもり。
ありがとう莉犬くん…後で頼める?今はちょっと話してから。
莉犬
莉犬
うん、もちろん!
ななもり。
ななもり。
えー……今回の侵入者が少し手強い。
(なまえ)
あなた
(きょとん……)
ななもり。
ななもり。
前、あなたは堂々と侵入してきてくれたじゃん?
全員
全員
うんうん。(全員合致)
(なまえ)
あなた
え(´・ω・`)
ななもり。
ななもり。
あwま、まぁその手強い点が____
ななもり。
ななもり。
"自分の姿を消してくる"ことかな。それに、魔力も体力も随分と高いみたい。
(なまえ)
あなた
ぴく…
ななもり。
ななもり。
見た目は白い髪の毛、顔にバーコードみたいな線が入って……
(なまえ)
あなた
……ふ……だ…
ななもり。
ななもり。
……あなたちゃん?
(なまえ)
あなた
ま……ふ…だ……
莉犬
莉犬
……まふ?
(なまえ)
あなた
私の、血の繋がってな、い…弟……
(なまえ)
あなた
あの子は、ね?昔からとても強かったの。
強かったし、優しかった。私の血の繋がってないお兄ちゃんとは血が繋がってて……
(なまえ)
あなた
それで名前は、魔冬まふゆ
(なまえ)
あなた
まふくん
だとか、
まふまふ
って呼ばれてて……
(なまえ)
あなた
優しくて、可愛くって、ときどきそんな風に可愛かったのにいざとなるとかっこよくて____
でもそんなある日ね、魔冬は…変わっちゃったんだよね……
さとみ
さとみ
……と、いうと?
(なまえ)
あなた
…私への執着が激しくなった。
(なまえ)
あなた
蒼空流そらるにぃと話してるだけで、無理やり私の腕を掴んできて部屋に連れ込まれて閉じ込められたり…
(なまえ)
あなた
酷い時には私にたくさん睡眠薬とか飲ませて……
…?
…?
"  2人で心中しようとした……っ♪  "(あなたの真後ろ)
(なまえ)
あなた
っ!?(後ろを振り返る)




誤差が起きた後に、城の窓ガラスが大きな音を立てて割れる。





















ガラスが吹き飛んで来た為に、目を瞑ったその数秒……





彼女あなたが居た場所を見れば、跡形もなく……



























ガラスの破片とカーペットに染み込んだ涙の零れ跡だけがあった________