無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

197
2021/11/18

第35話

TravisJapan VS如恵留
吉澤side


如恵留が戻ってきたと思ったら俺らのこと殺すみたいなこと言い出した。


絶対何かあったし、いつもと雰囲気が違うから操られてると見た。


元「如恵留?どうしたの?」


川「あなたたちを殺す、ただそのために来たんです」


七「如恵留、どうしちゃったの?((近づく」


吉「しめ!」


川「サッ((七五三掛に触れる」


七「うぁっ!」


松「しめ!大丈夫?」


七「平気…」


宮「やっぱりいつもの如恵留じゃないね」


中「どうしたらいいんだろう…」


吉「サッ((如恵留の前に立つ」


宮「閑也?」


吉「…如恵留!」


川「ビクッ!」


吉「如恵留、大丈夫。大丈夫だから、俺らのこと思
  い出して」


川「……フラッ」


吉「パシッ」


中「如恵留くん大丈夫なの?」


吉「大丈夫、気を失ってるだけだよ」


元「起きた時には戻ってるといいんだけど」


松「如恵留なら戻るよ」


数分後___

川「ん…あれ…ここ」


七「如恵留!大丈夫?」


川「うん。俺さっきまで何してた?」


中「なんか操られてるみたいな感じだった」


川「え、そうなの?だったらごめん…」


松「大丈夫だよ。如恵留が悪いわけじゃない」


宮「いきなりだけど如恵留はS×Sに連れ去られて
  たってことであってる?」


川「うん。カルミアとムスカリってやつがいた。
  他のメンバーはいるみたいだけど俺がいた部
  屋にはいなかった。
  あと嶺亜と優斗もいたよ」


吉「その情報はHiHiと7MENから聞いてる。
  ほかに何か覚えてない?」


川「なにかガス?みたいなのを吸っちゃって気を
  失ったよ。そのあとは気づいたらここにいた
  から分からないけど」


吉「きっとそのガスに何かあるね」


七「じゃあHiHiと7MENからの連絡を待ちつつ情
  報をまた調べよっか!」


T 「うん!」




next→