プリ小説

第5話

第5話
You
お風呂ありがと
悠太
う…す
悠太
あなた
You
え?
急に呼び捨てで呼ばれ、驚いた

その後、息をする間もなく、彼の口で私の口は、塞がれていた


クチュクチュ


いやらしい音が響く
悠太
ぷはぁ、あなた
You
ゆ、悠太くん…
悠太
ヤッてもいい?
You
え?
悠太
あなたエロくて、ヤバい…
今だって、乳首透けて
You
嘘?!
悠太
ヤッてもいい?
私は、あの時みたいに怖くはなかった

逆に抱かれたかった……
You
うん

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

らい💕⚡
らい💕⚡
よろしくお願いしますっ お気に入り、💛、コメント待ってます……! ファンネーム→ライナー ファンマーク→💕⚡ です!