第5話

前回の続き♡←(ヒラキヨ🔞)
5,130
2020/04/08 13:55
これも続きじゃ。

時空歪んですまんの

前回の見たほうが良いよ…
ーーーーーーーーーー
sideキヨ
マジこれむり。ほんとにむり。
俺みてぇなやつにこんなことするなんてよぉ…ヒラもバカなんじゃねぇの?(言い過ぎ)
キヨ
キヨ
…はやく帰ってきて…
気を抜いたら、また振動が強くなる。
キヨ
キヨ
あっ…!//////んっ…んんっ…!//////
イきたいのに、イけない。
どうしようもなく辛いような、どこか心地いいような。
やっぱ俺ドM…?
いやだからおかしいだろ…

でもこういうプレイも嫌いじゃないし…(経験済みってのが恐ろしい)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
sideヒラ
ヒラ
ヒラ
ふふっ…すごい声出てる…
壁に耳を当てていつも強がりのキヨが喘いでる声を聞いて、思わず不適な笑みが溢れそうになる。

キヨの声を聞いてると、だんだん僕も余裕がなくなってくる。
ガチャ
ヒラ
ヒラ
キヨ〜…?
キヨ
キヨ
っあ…ひ…らぁ…っ…///
涙目になって耳まで顔を赤くしてるキヨは、今の僕じゃ愛しきれないぐらい愛しい顔をしてて…

そんな泣きそうな顔してたら…罪悪感が増してくる。
ヒラ
ヒラ
…ごめんね…大丈夫だった?僕…ちょっと変だったね…
キヨ
キヨ
へっ…?
ヒラ
ヒラ
嫉妬しちゃってさ…ほんと…バカみたい…ごめんね
キヨ
キヨ
いや…っ…
キヨ
キヨ
…ひらがここまでやったから…最後までちゃんとやって…?
ヒラ
ヒラ
…っ〜〜…//
こう言うとこ真面目なの…どうにかして欲しい…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
sideキヨ
快感を求めるために、本能で動いてるのか、ただ単にヒラを求めてるのか、理性がまだあるのかもわからない状態。

そんな状態で抱かれたら、さすがの俺でも死ぬほど感じる訳で。
キヨ
キヨ
っぁ"!////やっ…!////ひ…らぁっ…!////ぅ"あっ!////
ヒラ
ヒラ
っ…//またナカ締まった…///
呻き声に近い声で喘ぐ。気持ち良すぎて意識ぶっ飛びそうな俺が、唯一耐えられるのが、息を止める事だった。

だからこんな声になった…恥ずかしいなこの野郎…//
ヒラ
ヒラ
キヨ…?///中出していい…?///
キヨ
キヨ
っはぁっ…!////うんっ…///いいよ…っ…?////ぅ"っあ"ぁっ!////
ちょっと照れてるの…なんなんだよおい…////
ヒラ
ヒラ
ぐっ…!////出る…っ!////ドピュッ
キヨ
キヨ
っ…!?////あぁあっ…!////ビュルルッ
ナカに出された衝撃で白濁の欲が出てしまう。

人生で多分初めてメスイキをした。
キヨ
キヨ
っ…//はぁっ…///はぁっ…//
しばらくイったあとの余韻に浸ってると、そのまま意識が遠のくのが分かった。
ヒラ
ヒラ
ごめんね…キヨ…無理させちゃったね…
ヒラ
ヒラ
…大好き…愛してる…。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
朝起きると、辺りはきちんと片付けられていて、俺もいつのまにか風呂に入れられたのか、清潔な服を着ていた。
キヨ
キヨ
…んん…
隣にはヒラが眠ってる。昨日は野獣よ様な目をしてたヒラが、無防備に眠ってる。

これがヒラの怖いところ。普段はこんなに可愛らしい兎なのに、夜になると狼になる事。
ヒラ
ヒラ
…んん…?きよ…おはよ…
キヨ
キヨ
…おはよ…
でも、そんなヒラが俺は好きだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主
続き書くの遅すぎ案件。

プリ小説オーディオドラマ