無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

645
2021/02/19

第2話

最初に…
最初に僕のトリコになったのはふっかさんだった…




15歳の時僕は、Snow Manに加入した




加入して不安やアンチコメントなどで精神的にやられていた



そんな時1番僕の事を励ましてくれたり支えてくれてのがふっかさんだった



最初はメンバーの1人として僕を見てくれてた




でもそれがだんだん違う見方に変わってしまった




僕が入って3ヶ月くらいたった頃、いきなりふっかさんに家に呼ばれた
深澤辰哉
深澤辰哉
ねぇ、ラウール
ラウール
ラウール
はい
深澤辰哉
深澤辰哉
イケナイ事しない?
ラウール
ラウール
イケナイ事?
深澤辰哉
深澤辰哉
そう
このふっかさんの言葉から始まった





ふっかさんが言った「イケナイ事」という言葉からふっかさんは狂ったように僕に色んな事を求めてくるようになった
ラウール
ラウール
どういう意味ですか?
もしここで僕が聞かなかったらふっかさん達がおかしくなる事は無かったのかもしれない…
深澤辰哉
深澤辰哉
こーゆうこと
そう言ってふっかさんは、僕に近づいてくる




そして、僕の頬に手を当てそのまま顔を近づけてきた




チュッ




そのまま固まっていたら唇が触れた
ラウール
ラウール
ッ!?
深澤辰哉
深澤辰哉
ふふ、かわい。イケナイ事の意味わかった?
ラウール
ラウール
だ、ダメですよ…
深澤辰哉
深澤辰哉
なんで?
ラウール
ラウール
なんでって言われても…
深澤辰哉
深澤辰哉
なんで俺とはやってくれないの?
ラウール
ラウール
どういう意味ですか?
深澤辰哉
深澤辰哉
佐久間とはSEXしたくせに
そう言って携帯を見せてきた
ラウール
ラウール
ッ!?
その動画は僕と佐久間くんがやっているところだった