無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

563
2021/03/13

第4話

最初に…②
ふっかさんは動画を見せ終わったあと佐久間くんみたいに不気味な笑みを浮かべた






最初はふっかさんじゃなく、佐久間くんから始まったのかもしれない…






ふっかさんも佐久間くんと同じ笑みを浮かべてるから…
深澤辰哉
深澤辰哉
ふふ、佐久間とやったんだから俺ともやれるよね?この日からずっと相手してるんでしょ?まぁ、ラウは嫌がってたみたいだけど。でも、やったのには変わりないよね
ラウール
ラウール
ぼ、僕は、嫌です。もうこんなことしたくない…
深澤辰哉
深澤辰哉
今でも佐久間とやってるんでしょ?もう、抑えられないの。この気持ちには嘘をつきたくない。お願い…俺の相手してよ
ラウール
ラウール
嫌です!
僕は、その場から逃げ出そうとした




でも…




ガシッ
深澤辰哉
深澤辰哉
逃がさない
すぐに捕まってしまった
ラウール
ラウール
や、ヤダ!離してください!
深澤辰哉
深澤辰哉
ねぇ、やろうよ。お願い。ラウールと俺も繋がりたいの
ラウール
ラウール
や、ヤダ!
僕は、必死に抵抗した




この日は何とか逃げれたけど、次の日からふっかさんは僕に引っ付いて離れようとしなかった




酷い時は一緒の電車に乗ったり、家まで着いてきたり、学校の門の前で僕の事を待ち伏せしたり、仕事ないのに僕が仕事の日でもいたりする





友達と遊んでいる時や家族で出かけている時でもどこかにふっかさんが居る





ストーカーよりも酷い





さすがにもう限界だった






ふっかさんにやめてと言おうと思い仕方なくふっかさんの家に行った