無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第195話

蜜柑の味 24話
ウジ
ウジ
ホシ
ホシ
第二ボタン…って、つまり…
ウジ
ウジ
…はやく
ホシ
ホシ
…え、あ、うん
状況を理解しきれないまま第二ボタンを渡す
ウジ
ウジ
…ありがと//
ホシ
ホシ
…うん
第二ボタンを貰うと嬉しそうに、可愛く笑った…
ホシ
ホシ
…ねぇ、ジフナ
ウジ
ウジ
なに?
ホシ
ホシ
第二ボタンって…
ウジ
ウジ
好きだからだけど?
ホシ
ホシ
…そ、それって
ウジ
ウジ
恋愛対象として
ホシ
ホシ
…そっか//
ウジ
ウジ
…うん
嫌われてると思ってたのに好かれてたなんて//
ウジ
ウジ
ホシ
ホシ
じゃあ、代わりにジフナのもちょうだい
ウジ
ウジ
…やだ
ホシ
ホシ
…え
ウジ
ウジ
第二ボタンは俺の事好きなやつにあげるから
ホシ
ホシ
好きだよ!
ウジ
ウジ
…あっそ
ホシ
ホシ
…信じてないでしょ
ウジ
ウジ
うん
ホシ
ホシ
どうしたら信じてくれる?
好きなのは本当だ

喧嘩した日から自分の気持ちには気づいていた
ウジ
ウジ
…じゃあさ
ホシ
ホシ
うん
ウジ
ウジ
キス…できたら信じてやる