無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第209話

おまじない 11話



本当に時間が過ぎるのが早く感じる



ヒョンとキスしてから、いつの間にか3時間もたち


時計はもう8時になっていた
ジョンハン
ジョンハン
…結構部屋キレイにしてるんだね
ドギョム
ドギョム
あぁ、なんか友だちが家に来て、ついでに片付けてくれるから
ジョンハン
ジョンハン
…友だち
ドギョム
ドギョム
あ、恋人とかじゃ全然なくて、ミンギュって覚えてる?
ジョンハン
ジョンハン
…覚えてるような覚えてないような
ドギョム
ドギョム
えと、ミンギュは昔からの友だちで、仕事に手がつかなくて相談してたらミンギュの店で働かせてくれて…
ジョンハン
ジョンハン
へぇ、でも、家まで来るのはなんで?
ドギョム
ドギョム
ヒョンがいなくなって寂しかったから、ヒョンの話をしてたんだよ!
ジョンハン
ジョンハン
…そっか//



ヒョンについて話していたと言うと


少し照れて黙り込んだ


嫉妬してくれたんだろうな…

ドギョム
ドギョム
…あ、だから、そのミンギュが家事が得意で
ジョンハン
ジョンハン
だから綺麗なんだな
ドギョム
ドギョム
うん、料理もできるし聞き上手だから一昨日あたりにも家に来てもらって…
ジョンハン
ジョンハン
うん
ドギョム
ドギョム
…あれ








ミンギュは…?