無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第208話

おまじない 10話


いつの間にか腹も満たされ午後になっていた


ドギョム
ドギョム
ヒョン、今日のご飯美味しかったです
ジョンハン
ジョンハン
ほんと?
ドギョム
ドギョム
ほんとです
ジョンハン
ジョンハン
…良かった



素直に喜ぶヒョンはとっても可愛い



そんなことを考えながらヒョンを見ていると…

ジョンハン
ジョンハン
ドギョム
ドギョム


目が合った


ジョンハン
ジョンハン
ドギョム
ドギョム
ヒョン…


お互い目が離せなくなって


少しずつ互いの距離が近くなる

ドギョム
ドギョム
いい…?
ジョンハン
ジョンハン


抵抗しないってことはいいよね…?





見つめあうだけだった2人の距離がゼロになって


唇が触れる…









これがヒョンとした


最初で最後のキス